休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

アイルランドの思い出『アイリッシュブレッド』

こんにちは!nonkaです。

今回は、めずらしくお菓子ではなく、パンを焼いてみました。

f:id:nonka333:20190212233200j:plain

アイリッシュブレッド」というパン。

私にとっては、思い出のパンです。

発祥は、イギリスの隣にあるアイルランドという、ヨーロッパの島国。

 

実はわたし、数年前なんですが、この、アイルランドという国に行ったことがあるんです…!

人生初の海外旅行。

フランスでも、イギリスでも、ドイツでもなく、アイルランド

…まさかのアイルランド

 

この旅行の発案は、私の10歳年上の姉なんですが、彼女はなかなかの変わり者。

昔から、アイルランドが好きなんですよ。よくいる、オタク女子とか、歴女とか、そういう次元ではなく。

国柄とか、国民性とか、歴史とか。そういう所に魅力を感じているそうで。

もう、この人の前世、アイルランド人なのかな?とうくらいに、このヨーロッパの小国を愛しているんです。…同行させる、妹たち(私を含め、3姉妹です)の旅費を負担してくれるくらいに。

 

そんな、アイルランド好きな姉のおかげで、決まった海外旅行。3姉妹だけで、マハライドという都市にある、アイルランド人女性の家にホームステイをすることに…!

f:id:nonka333:20190213003456j:plain

たった5日間ではあったんですが、私のような無知な田舎娘には、すさまじい影響をあたえました。

異国の街並みや、歴史的遺物、広大な自然、すべてが興味深いものでしたが、

私にとって最大の思い出は、やはり「食」…!

 

ホームステイ先の食事や、出かけ先のカフェでのランチ、ティータイム、レストラン…

f:id:nonka333:20190213005350j:plain

f:id:nonka333:20190213005322j:plain

なにより、ホームステイ先の奥様が、とても料理上手で!

毎日素敵な食事を用意してくれたんです。

f:id:nonka333:20190213003702j:plain

美味しいものの記憶は、何年たっても残り続けるものですね。

 

なんだか脱線しまくって、なんの話をしていたんだっけ…といった具合ですが、この旅で出会ったものの一つ、それこそが、最初にでてきた

アイリッシュブレッド」

このパン、国民食ともいえる存在のようで、本格的なレストランでも、カジュアルなカフェでも、ほんとに、どこに行ってもでてくるんですよ。

小麦の香り高く、茶色くって、モロモロ崩れて、しっとり生地が詰まってる、…なんか癖になる味わい。

 

最近になって、偶然このパンの名前を本で見かけまして、そうか、あの時のあのパンか…!と、記憶の片隅から顔を出しました。

そのことを、例のアイルランド信者の姉に話したところ、手持ちの本から、すぐさまレシピを送ってくれたんです。流石といいますか、持ってるのか。

こうなれば、作るしかないですよね…!

f:id:nonka333:20190213014157j:plain

 なんでも、このパン。クイックブレッド、なんて呼ばれるほど、作るのが簡単なんです。

アイリッシュブレッド、最大の特徴が、

パンなのに「発酵させない」こと。

 

普通、パンって、イーストを入れて、時間をかけて発酵させて膨らますのですが…このパンは、イーストをそもそも使わないそうなんです。

代わりに入れるのが、ベーキングパウダー!発酵させないので時間もかからず、まぜてそのまま焼き上げるだけ。

f:id:nonka333:20190213015213j:plain

たった一つのボウルの中で混ぜ合わせ、家にある パウンドケーキの型で焼き上げてみました。

f:id:nonka333:20190213015436j:plain

こんがり焦げ目をつけて、表面はカリっとしたクラスト。中はしっとりキメの詰まったクラム。

「全粒粉」を使ってるので、小麦の香りが強く、ほんのり甘い。

これだコレ。あの時食べたアイリッシュブレッド!

f:id:nonka333:20190213015759j:plain

マグカップに、紅茶をたっぷりとそそいで!(ここポイント)

記憶に残ってる食卓の再現をしてみました。ちょっと思い出に浸りつつ、ゆったり休日のひとりランチ

 

苺の断面、かわいい『フレジェ』

こんにちは!nonkaです。

最近、ブログでもTwitterでも、仕事!仕事が忙しい!と、ボヤキまくってましたが、ようやくひと段落しまして、自由を謳歌中です。週休2日って素晴らしい。

ということで、さっそくお菓子作り。

今回は、苺の季節にぴったりなケーキを作ってみました。

f:id:nonka333:20190203004008j:plain

苺づくし!モリモリに飾ります。

「フレジェ」っていうケーキです!

 

苺の断面がでるので、非常に可愛らしい見た目なんですよね…♡

サンドしてるクリームは、ムースリーヌ。カスタードにバタークリームを加えたクリームで、舌の上でとろける濃厚さ。

フルーツのフレッシュさが際立つので、苺と相性抜群なんです( *´艸`)

f:id:nonka333:20190202225209j:plain

今回は、「ゆめのか」っていう品種を使ってみました。

 

そういえば、だいぶ前にTwitterで回ってきたんですけど、築地市場(いまは豊洲市場?)公式アカウントの、苺の断面&果肉の固さ一覧表

私は即、画像保存したんですが、コレめっちゃ良い。理想の苺選びに役立ててます。今回も、その断面画像と、スーパーで買い物中に、にらめっこしながら、一番かわいい苺の品種選んでみました。超便利。

たぶん、「いちご 断面表」で検索すると出てきますよ!

気になる方はぜひ、調べてみてください。

 

ツイートの人気のあまり、去年、書籍化したらしく…。

いちご だんめん図鑑

いちご だんめん図鑑

 

普通に欲しい…。

マニアックなところを攻めていくスタイル、素敵です。いつか買う。

 

今回、「ゆめのか」を選んだのは、単純に赤色がハッキリしてるからなんですけど、フレジェに使うなら、「とちおとめ」とか「さちのか」とか、果肉が固めの品種の方が、おいしくなるハズです。さらにいうと、クリームが濃厚なタイプなので、苺には少し酸味もあるほうがいい。そこらへんは、好みの問題ですが。

f:id:nonka333:20190203003745j:plain
セルクルに苺をぎゅっと敷き詰めて、すきまをクリームで埋めつくす…。

f:id:nonka333:20190203003700j:plain

しっかり固めて、セルクルを外したら、上をナパージュ+フランボワーズピューレで仕上げです!

f:id:nonka333:20190203004143j:plain

完成!

飾りの苺に謎のこだわりですが、カットを工夫して、色々な断面がでるようにしてみました。なんなんだろうね、断面への執着がすごい 笑

そういうフェチなんでしょうか。たまらなく、好き。

 

いちご断面図鑑を買うのも、時間の問題かもしれないです。

 

1周年とっくにすぎてた

新年初の更新になりました!今更ながら、明けましておめでとうございます。

そして、当ブログ休日キャラメリゼ、1周年を迎えてました。いつのまに…

 

ブログ全然更新できてません。

ケーキ屋勤務の仕事柄、12月は怒涛の忙しさだったのは、当たり前なんですけども。年をまたいだ今なお、仕事中心の生活を送っております(;・∀・)

すでにクリスマスを終えたにも関わらず…!

 

というのも、同僚たちがインフルやら、もろもろの病欠で次々にダウン。風邪すらひいてない、なぜか無傷な私は、代わりに働きまくってるわけです 笑

こんなときばかりは、丈夫すぎる自分が憎い…!

そんな状態なので、休みの日でもブログどころか、気力も時間も残ってないのが現状。全然ブログ名どおりに休日をキャラメリゼできてない。だらだら無駄に過ごしてます。

 

更新する余裕がないなら、もうブログ自体、辞めてしまえばいいんじゃないか、とか思わなくもないんですけどね。でも、ブログに書くことが、割と私の中で制作のモチベーションにもなってるので、辞めちゃうのはもったいないですし。

 

それに、自分の考えとか、得た知識のアウトプットの場を持つのは、プラスになるかなーとか…。

…大層なこと言い始めましたが、常日頃から、そんなこと考えてる訳ではないですよ。基本は、いつも通りなかんじで「こんなの作ったよ!みてみて!」みたいな、中身の薄いことしか書けやしないので。

もっと文章力とか、伝える力とか、ブログを続けることであがればいいなぁとは思っているんですが、いつになることやら…。

 

あと、話全然変わるんですが、今年になって変わることがあります。

ちょっとしたお知らせ。

いまはケーキ屋の販売員ですが、今年の秋ごろには、製造のほうへ仕事が変わります。ついに転職します。なので、今年はかなり濃い1年になりそうです…!

今以上に生活に余裕はなくなりますし、当然、楽しいことばかりでは無いんですが、より深く製菓の世界に踏み込んでいくので、面白いことがあったらブログの方にも書き残していきたいと思ってます(*´ω`*)

 

最後に、1月ということで、

ガレット・デ・ロワの写真で締めたいと思います!

f:id:nonka333:20190118221732j:plain

 ガレット・デ・ロワは、フランスの伝統菓子。

新年のお祝いに食べられてます。

 

ガレット・デ・ロワの表面には、葉っぱや、太陽をモチーフとした伝統模様を刻むのですが、これがなかなか難しい…。私は失敗しちゃったので、カット済みの写真しかありません。ちょっと模様歪んじゃったんです(。-∀-)調子にのって、模様の切れ込みを深くしすぎました。

上手につくれると、綺麗に模様が浮かぶんですけどね~

 

f:id:nonka333:20190118231418j:plain

 それでは!遅くなりましたが、

2019年。今年もよろしくお願いいたします

(✿´ ꒳ ` )

雪のようなドイツ菓子?『フロッケンザーネトルテ』

 

ひっさびさの更新になりました!生きてます。nonkaです。

ついに12月、ということで、ケーキ屋は繁忙期に突入。

これから、まあバレンタインが終わる2月ごろまでは、勤務時間が延びる&休日減るのダブルパンチなわけなんです。なんとか頑張って参りましょう…!

むしろ、あんまり遊びに行けなくなっちゃうので、ブログ更新じたいは増えるかもしれません。

 

さてさて、お菓子作りです。

今回はドイツ菓子に挑戦してみました。

f:id:nonka333:20181207212516j:plain

フロッケンザーネトルテ

このケーキ、知ってる人はいますでしょうか…?

マイナー中のマイナー。なかなかケーキ屋さんでも見かけないですよね。

でも、これ凄く美味しいんです!

 

簡単に説明すると、薄~く焼いたシュー生地でつくる、ミルフィーのようなケーキでして、間にサワーチェリーと、バニラクリームを層にして挟みます。

f:id:nonka333:20181207215510j:plain

専門学校時代に出会ったんですが、私はドイツ菓子の中では一番好き。

シュー生地は軽めに焼くと、シュークリームの皮の内側の部分…伝わるでしょうか。あのふにゃっとした独特の食感に仕上がるんです!ミルクレープに似てるようで、ちょっと違う、特別な美味しさ( *´艸`)

なかなか売ってないので、食べたくなったら自分で作っちゃいます。

レシピ参考はこちらから ↓↓

 

 この本、専門学校で教科書がわりだったんですけど、解説もわかりやすくてオススメです。

ウィーンの名店、ハイナーのスペシャリテ(現地風にいうと、ハオストルテ!)のレシピも載ってたりします…♡

 

さあ作って参ります。

f:id:nonka333:20181207220741j:plain

土台のパートシュクレは、焼き上げてからセルクルに合わせて、丸くくり抜いて、たっぷりラズベリージャムを塗ります。

f:id:nonka333:20181207221149j:plain

ラズベリーの酸味が、アクセント(✿´ ꒳ ` )

f:id:nonka333:20181207220528j:plain

 シュー生地は、薄ーく円形にのばして、好みの固さに焼き上げて、

f:id:nonka333:20181207221721j:plainセルクルのサイズに合わせて、カット!

f:id:nonka333:20181207221902j:plain

 あとは、ラズベリーを塗った土台の上へ、シュー生地とクリーム、交互に重ねて作っていきます!

一番下の層には、チェリーコンポートもサンド。

f:id:nonka333:20181207222325j:plain写真のは、去年作ったシンプルなバージョン。

ちなみに、このフロッケンザーネトルテ。周りを囲んだ、ふんわり真っ白なクリームが、雪のようにみえることから、Flocken(ドイツ語で雪❄️)の名前がついたそうです。Flockensahnetorteは、雪のようなクリームのケーキ、という意味なんですね(*´ω`*)

 

f:id:nonka333:20181207223051j:plain

こっちのは、今回作ったもの!

周りの仕上げは変えちゃったので、名前の由来には逆らってますが、これはこれでアレンジバージョンということで。ご容赦くださいな。

f:id:nonka333:20181207223339j:plain

久しぶりに、大きいケーキ作れてよかった。

今年も始まる繁忙期。

気合をいれて頑張んないとなぁ(ง `ω´)۶

ブログ更新が途絶えたら、忙しさに負けたんだな、と思っておいてください。そのうちひょっこり戻ってくるはず。

ココナッツファイン消費中

こんにちは!nonkaです。

今回は、ココナッツファインを使ったお菓子を2品、作ってみました。

…なんで、この時期にココナッツ?

深い意味はありません。余らせてるだけです(。-∀-)

前、パウンドケーキのためだけにココナッツファインを買ったんですけども、これがまあ、なかなか減らないわけで。。。

いちおう、ココナッツファインをビスキュイ生地に混ぜ込んで、トロピカルな感じのシャルロットにしてみたり、

f:id:nonka333:20181116204724j:plain

タルトの仕上げに、飾りで使ってみたり…!

f:id:nonka333:20180919222633j:plain

色々、頑張ってたんですけどもね、結局のところ夏の間に使い切ることはありませんでした 笑

レシピ通りのお菓子を作ろうとすると、新しい材料買い足して、余った材料を使ってお菓子作るために、また新しい材料を買い足して、それも余って…という、永遠におわらないサイクルにとらわれがちです…。

 

ということで、季節感など考えず、楽しくお菓子作りしていきます。

まず1品目!

f:id:nonka333:20181116200309j:plain

おなじみスコーン!

今回はココナッツ&チョコです。

配合は、

  • 薄力粉100g
  • 強力粉100g
  • バター 60g
  • 砂糖 45g
  • 牛乳 90g
  • 塩 ひとつまみ

作り方は、前のと同じなんですが、

kyuuzitu-carameliser.hatenablog.com

 2回目の折りたたみのときに、

ココナッツファイン(水10gでふやかしたもの)と、

焼き菓子用チョコチップを混ぜ込んでます!

f:id:nonka333:20181116210530j:plain

そして、型で抜いたものに、ハケで牛乳を塗ったあと、ココナッツファインをふりかけて仕上げです。ココナッツの風味もでてて、成功品。

f:id:nonka333:20181116210832j:plain

2品目は、マドレーヌ。

f:id:nonka333:20181116211056j:plain

見た目は全然、ココナッツ感でてませんが、ちゃんと入ってます!

こっちは、やや失敗ぎみ…。

  • 卵      50g
  • ラニュー糖 45g
  • はちみつ   15g
  • 薄力粉    45g
  • ベーキングパウダー 0.8g
  • バター    50g
  • バニラエッセンス 適量
  • ココナッツファイン 20g

f:id:nonka333:20181116211641j:plain

ふんわりで美味しいんですけど、ココナッツの香りが薄い。ココナッツ味って言われないと分からないレベル。少し、はちみつの味が濃すぎかもしれません。

はちみつを減らして、一部を水あめに変更とか、ココナッツの量じたい増やすとか。

 

香りの面だと、マドレーヌといえば、レモン風味が多いですが、やっぱりココナッツってなると、定番的なレモンより、ちょっと優しくオレンジとか、今回みたいにバニラとか。ふんわりしたテイストの方が合う気はしますよねー。

あと思いついたのが、南国つながりで、バナナとか入れるとかどうでしょう。

マドレーヌ・ココ・バナーヌ!みたいな。すでにあります?

 

そんな感じに、改善点いろいろで。頭の中もゴチャゴチャと。

美味しいのが出来たら、レシピにでもまとめましょう (´◡`♥)

『柿のエクレール』

こんにちは!nonkaです。

今回は、お菓子作り!

最近入手したレシピを使ってみました。

f:id:nonka333:20181103210422j:plain

柿のエクレールっていうやつです。

なんと、柿のキャラメルソテー入り( *´艸`)

使った本は、Ryouraの菅又シェフのレシピ本。

フルーツ香る生菓子: 定番ケーキの魅力を高めるテクニック

フルーツ香る生菓子: 定番ケーキの魅力を高めるテクニック

 

 フルーツの効果的な使い方とか、なぜそのパーツの組み合わせにしたのか?とか、内容は普通のレシピ本より発展的で、非常に勉強になる一冊でした!

読んでて作りたくなった菓子が色々あったんですが、今が旬、ということで、この柿を使ったレシピに挑戦です。

f:id:nonka333:20181103203258j:plain

今回の主役!

旬の果物だと、安い上に美味しい。最高ですね。

f:id:nonka333:20181103203403j:plain

皮をむいた柿をカットして、キャラメルソテーに。

キャラメルの作り方には、「適度な粘度、色になったら」…なんて書いてあったので、がっつり濃い目にしちゃいました。私にとっての適度はこれ!

f:id:nonka333:20181103203705j:plain

キャラメルの香りをまとわせるなら、これくらい濃いほうが好み。濃いぞ!これはうまいぞ。やりすぎかもしれませんが 笑

たぶん、菅又シェフが作らせたかったのはコレジャナイ。でも、美味しいからいいや。

f:id:nonka333:20181103203642j:plain

アクセントにオレンジの風味をまとっていて、すこぶる好みな味でした。つまみ食いが止まらなかった。

f:id:nonka333:20181103204612j:plain

シュー生地もRyouraの配合で。

けっこう固めな仕上がりなうえに、生地そのものにも、旨味がある感じです。クリームに非常によく合います!

あとは、キャラメルクリームと、カスタードを作って、組み立て。

f:id:nonka333:20181103210329j:plain

完成!!

今回、バニラが家になかったので、カスタードを作る際、大量に余らせてるトンカ豆で代用してみたんですけど、これが超おいしかった。柿のキャラメルソテーに合い過ぎ!

突然に、トンカ豆カスタードという、新しい味の扉を開いてしまいました(; ・`д・´)

そのうち何かに使ってみたいですね~。

トンカ豆+チョコは良く合うので、チョコカスタード作るときに、入れるとか?なんか他に応用できたらいいな!と思います。

f:id:nonka333:20181103210422j:plain

最後に、どうでも良い話ですけど。

nonka、写真上達してません?

割と美味しそうに撮れてる気がする、奇跡の一枚です。

まあ、被写体が良いからか。さすがRyouraのエクレール…。

オフ会なるものに行ってみた

こんにちは!nonkaです。

 

ちょっと更新期間あいちゃいました。

今月はジャパンケーキショー見に行ったり、食べ歩き行ったり、お菓子作り以外にも行動してたんですけども。色々ネタがあるのに、更新が追い付いてない状態です。

1記事書くのに、時間かけすぎなんでしょうねー。遅れ気味ですが、ちょっとずつ更新していこうと思います!

 

今月の初めの話なんですが、ブログ&Twitterでつながったいた方と、実際に会ってきました。

いわゆる、

オフ会」っていうやつです( *´艸`)

初めてのオフ会。当日はだいぶ緊張もしましたが、それ以上に楽しかった!

今回は、そのオフ会の話。

せっかくなので、その方のブログの紹介もしてみますね~

 

今回、会ってきたのは、はてなブログ仲間

ミチムラチヒロさん!

「東京モンブランという飲食レビューブログを書いてらっしゃいます。

 

www.tokyo-mont-blanc.com

 

Twitterでも交流していたのをきっかけに、ミチムラさんのほうから、オフ会の話を持ち掛けてくれたんです。

ミチムラさんは、Twitterを通して、食べ歩き仲間を探しているらしく、なかなかの行動派。対する私、フォロワーへのコメントさえ、ろくに送れないざま。SNSの意味ないな。そんなnonkaは当然、オフ会の概念すらなかったものでして…。今回のお誘いで、

 そうか…!画面の向こうにリアルな人間いるんだ…!?

だなんて、見当違いにもほどがある衝撃を受けてました 笑

そんなの当たり前のことなんですけどね!なんだか実感なくて。

 

Twitterを見てると、趣味仲間のオフ会は珍しくもないようですけど、オフ会って、一般的にどんなイメージでしょう?

ネットの人と会うって、危ない?そんな考えが、無いわけじゃないんですが、私の場合だと、それ以上に会ってみたい気持ちが大きかったんですよね。共通の趣味(食べ歩きとか、ブログとか)を持ってる人って、普段なかなか出会えるものじゃないし!

それに、ブログって不思議で、なんどもその人が書いたもの読んでると、実際に話したことがあるような、そんな気分になっちゃうんです。

これ、私だけでしょうか?勝手にいだいている、ミチムラさんへの謎の信頼感で、迷わずOKの返事をしてました。

 

かくして、ワクワクドキドキな、初オフ会の幕開けです(。-∀-)

 

 オフ会当日!

 集合場所は、尾山台

当日の服装とか、伝えつつ、駅で待ち合わせ。

周りをキョロキョロしてたら、

「nonkaさんですか?」

って、ミチムラさんの方から見つけてくれました!

初対面だと、合流するまでで、一苦労ですね(=゚ω゚)

挨拶を済ませ、目的地へ向かいます。

 

私は、接客業なのに、人見知りであがり症という、矛盾した性質を持ち合わせてるので、困らせたかもしれません…。ごめんなさい。ミチムラさんは超いい人で、気さくに話し、会話をリードしてくれてました。ご本人言うには、まったく人見知りしないんだとか。なんとも羨ましいです…!

 

めざすは、フランス菓子の名店、

オーボンヴュータン! 

f:id:nonka333:20181030231323j:plain

写真撮ってなかったので、ちょっと古いやつですが。外観変わらず、です!

オーボンヴュータンは、ケーキ好きならだれもが知るパティスリー。クラシカルなフランス伝統菓子が有名です。

 

私が選んだケーキはこれ。

f:id:nonka333:20181030232015j:plain

オーボンヴュータンは、モンブランが有名!いつか食べてみたいと思ってたんです。

断面は撮り忘れたんですが、土台のメレンゲがキャラメル化するくらい、しっかりと焼きこまれてて、なんともオーボンヴュータンらしい。

かなり小ぶりなんですが、マロンペーストの味わいも濃く、存在感のあるケーキでした!

右のケーキは、ボータンというシブースト。

パリッとしたキャラメリゼで飾られたシブーストのなかに、酸味のあるフランボワーズが隠れてます。

 

最初の方は、緊張のあまり味覚が鈍りまくりだったんですが、それでも美味しい!美味しいケーキを食べると、緊張もほぐれます(*´▽`*)

ミチムラさんは、同じく飲食業界で働いてるので、非常に話が合い、楽しい時間でした!

 

仕事のことやら、食べ歩きのこと、ブログの話まで話題は尽きず。なにより、ミチムラさんの、飲食業界に対する熱意のすさまじさ。私も負けてられないな、と。前向きな刺激をもらえましたよ…!

 

まとめ

初めてのオフ会、

なにより楽しかった!

社会人になると、人間関係ってなかなか変化ないし、こういう繋がりって貴重ですよね。ブログを始めてなかったら、そもそもTwitterもやらなかっただろうし、きっかけとなったのはブログ。完全に趣味ですが、やっててよかったなぁ( *´艸`)

 

ネットで知り合った人と会うって、それなりにリスクもあるし、オフ会についても賛否両論でしょうが、私は、こういった機会があってもいいんじゃないかなーって思います。あるていどの、人となりが分かる相手に限りますけどね。

 

最後に、今回誘ってくれた、ミチムラさんのブログをご紹介!

www.tokyo-mont-blanc.com

主に、都内のレストランや、パティスリーの食べ歩きをメインに、飲食のレビューを書いてらっしゃいます。私は一方的にリスペクトしてるんですが、非常にレビューが上手い!!そして読みやすい。最強か。

ミチムラさんは熱狂的な、レピキュリアン(吉祥寺のケーキ屋)信者なので、その記事は必見です。

www.tokyo-mont-blanc.com

興味があるかたはぜひぜひ、読みに行ってくださいな。

 

 

以上!オフ会報告でした(`・ω・´)ゞ