休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

ホワイトチョコガナッシュ♪ボンボンショコラの作り方*レシピ付き*

こんにちは!nonkaです。

 

塩キャラメルガナッシュのレシピを以前書いたので、どうせならもう1つも書いちゃおうと思いまして。今更ながら。右の丸型のやつです!

f:id:nonka333:20180221083149j:plain

 

 

↓↓塩キャラメルガナッシュはこちら!↓↓

kyuuzitu-carameliser.hatenablog.com

 

今回のレシピはコアントロー(オレンジリキュール)入りの、ホワイトチョコガナッシュです。実は塩キャラメルより試作回数多いのはこっち。

 

固さの調整が難しくてですね…。

思ったより固くなりました。型ならもっと緩くてもいいんです。でも、ガナッシュを丸めてつくるボンボンショコラなので、この固さが限界かも。

 

作業性と食感のバランスが難しい。うーん(´・ω・`)

 

ホワイトチョコガナッシュ

<材料>丸6つ分

富澤商店で購入しました。バレンシアオレンジダイス

f:id:nonka333:20180224235126j:plain

少量パックで便利。このシリーズ大好き

 

<つくり方>
①ボウルにホワイトチョコを入れておく。少し湯せんで溶かしておくと、後で混ぜやすいです。
オレンジダイスを細かく刻んでおく。
 
ガナッシュを作ります。
鍋に生クリーム、水あめをいれて、火にかける。
フチがふつふつ沸くまで温まれば、ホワイトチョコのボウルに注ぎ、チョコに熱が伝わるまでしばらく置く。
ゴムベラを用意!
真ん中で小さく円を描くようにしながら混ぜていく。
生クリームに沈んでいるチョコが少しずつ、溶けてなじんでいくようなイメージです。
 
混ぜる円をだんだん大きくしていき、全体が均一な状態になればOKです。
 
コアントロー、刻んだオレンジダイスを混ぜます。
コアントローの風味を抑えたい場合は、②のときに生クリームと一緒に加熱し、アルコールを飛ばすといいかも。
混ざれば完成!
 
④バットに流し込み、1晩冷蔵庫で固めます。
 
⑤コルヌで6等分くらいに切り分け、手で丸めていく。衛生面を考え、ニトリル手袋(食品可のもの)を使用しました。

f:id:nonka333:20180225001523j:plain

たつきますが、コロコロすると丸まります!(o`・ω・)b

 
⑥チョコレートを下塗り
綺麗に仕上げるため、2回チョコレートのコーティングをしていきます!
まず1回目は下塗り。
チョコレートのテンパリングを取り、

f:id:nonka333:20180225001222j:plain

できたチョコを少量手にとり、両手で転がすようにしながらコーティングしていく

f:id:nonka333:20180224235844j:plain

OPPシートをしいた、バットに並べていきます。
 

f:id:nonka333:20180225001727j:plain

 こんな感じ。
 
⑦いよいよ仕上げ!
トランぺ(チョコレートのコーティング作業)をしていきます。
テンパリングしたチョコレートにくぐらせ、フォークをつかってすくい上げる。
チョコの水面で引っ張るようにして、余分なチョコレートをおとし、バットの上に並べていきます。

f:id:nonka333:20180225002324j:plain

 まんまるで、ツヤツヤです( *´艸`)
 ちょっとブルームがあるのはご愛嬌ということで。
 
⑧表面が固まったら、溶かしたホワイトチョコをコルネに詰めて、ラインを描く。
オレンジダイスを飾って、完成!!

 

本格的なボンボンショコラが出来ました。

f:id:nonka333:20180225003227j:plain

 ボンボンの断面は撮り忘れちゃいました(´・ω・`)

無念。

オレンジダイスのつぶつぶがあって、見た目も美味しそうでした。

 

今年のバレンタインは大成功!


あー来年はどんなの作ろうかな~

なんて、いくらなんでも気が早すぎる