休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

ちょっと残念な『ガトー・バスク』とベランダハーブのいま

こんにちは!nonkaです。

お菓子作りのペースが上がっております。

というのも、暑いとケーキもパンも売り上げダウンで、ケーキ屋さんは閑散期に突入なんです。勤務時間が減るわけじゃないんですが、冬のイベントラッシュから考えると、もうヒマでヒマで。気力も体力も、ありあまってるわけです(●´ω`●)

 

今回は、ガトー・バスクに挑戦してみました!

f:id:nonka333:20180602221051j:plain

「ガトー・バスクとは、フランス・バスク地方の伝統菓子です。

バターたっぷりのクッキー生地の中に、ダークチェリーやジャムを仕込むのが現地流。

今回は、カスタードクリームだけ詰めてますが、日本だと、このカスタードクリーム版が主流なのかなぁと思います。製菓学校で学んだのもこっちでした。

 

f:id:nonka333:20180602224831j:plain

 ↑ 写真のは、今年の1月に購入した

パリセヴェイユのガトー・バスク!!

やっぱり中のクリームはカスタードベース。ザクザク生地が美味しかったので、これを目標に作っていきます!

f:id:nonka333:20180602225534j:plain

メインとなるカスタードクリームですが…

今回、新しく作ってません!

 実は、前回のオプストトルテのあまりを冷凍しておいたんです!(。-`ω-)

 

冷凍は、どうしても食感とか劣化するのでオススメできないんですが、焼き菓子に使うなら、まぁありなんじゃないでしょうか。バスクならカスタードにアーモンドプードル混ぜたり、ラム酒加えたりするので、食感の差も気にならないだろうという考えです。

 

結果は成功!イイ感じに仕上がりました(●´ω`●)

そのうち、「あまったカスタード活用レシピ!」みたいな題をうって再登場させてあげたいと思います 笑

ちょっと需要ありそうじゃないですか?私にはありますよ!

 

f:id:nonka333:20180602232206j:plain

完成した土台には、卵黄を塗って、模様を描いて仕上げます。

ローブリュー

という、バスクの伝統模様です。

 

フォークをうまく使って描いていきます

f:id:nonka333:20180602233211j:plain

こんな感じ!

ローブリュー(Lau buru)

Lau=4、buru=頭、という意味で、諸説ありますが、バスク4都市を象徴しているそうです。卍マークに似てますね。

 

このまま、焼成していきます!

f:id:nonka333:20180602233723j:plain

180℃で30分~くらい。

表面ザクザクに焼き上げます。

f:id:nonka333:20180602220732j:plain

これで完成!…なんですが。

 

真ん中あたりにご注目(´・ω・`)

 模様が…せっかく綺麗にかけたローブリューに亀裂が…!泣

 

模様きれいにできて油断してたんですが、本当は、いくつか空気穴を開けなきゃだったみたいなんですよ。

完全に忘れてました。

ああ、詰めが甘い…。

f:id:nonka333:20180602234911j:plain

 これはリベンジしなければ気が済まない。カスタードが余ったら、またガトーバスクに挑戦ですね…!

 

 

そういえば、1か月前に植えたハーブに進展があったので、ご報告。

f:id:nonka333:20180602235927j:plain

4月下旬に植えたコレです ↓ ↓ ↓

kyuuzitu-carameliser.hatenablog.com

 

ほーんと小さいですが、ローズマリーの…

f:id:nonka333:20180602235757j:plain

芽がでました!!!

嬉しい。ようやくです。

やっぱり、成長が目に見えると、モチベーション上がりますね( *´艸`)

 

ミントの発芽はまだですが、この調子ならもうすぐかも…?夏ごろには収穫したいところです。