休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

『タルトレット・オ・パッション』試作中!

こんにちは!nonkaです。

 

さっそく、先日買ったパッションフルーツのピューレでお菓子作り!

 

kyuuzitu-carameliser.hatenablog.com

 

フランス菓子の定番、タルト・オ・シトロン(レモンタルト)を、パッションフルーツでアレンジしてみました。

f:id:nonka333:20180619231251j:plain

試作第1号!

「タルトレット・オ・パッション」

配合は、前書いたレシピを少しいじったやつです。

 

kyuuzitu-carameliser.hatenablog.com

 


こういう時、レシピ書いておいて良かったと思います!

私の場合、配合のメモって時間空くとどこかに消えるんですよね。

こんな感じの雑なメモがあちこちに…。

f:id:nonka333:20180621214347j:plain

調理中の殴り書きなんて、さらに読めたものではないです。早めにブログに書くか、ノートに書きうつさないと…自分にすら読めなくなってしまう。

 

今回の試作の配合は、

  • パッション 30g
  • バター 20g
  • ラニュー糖 10g + ??
  • 全卵 20g

 ちょうどタルトレット1つ分になる計算です。

 

ピューレが加糖されてるので、砂糖を減らして、味見しつつ微調整。

f:id:nonka333:20180619231846j:plain

材料を鍋で沸かし、濃度をつけてタルトへ。

タルト生地はブラックココア入りです。黒だとコントラストがカッコいいかと思って。

f:id:nonka333:20180619232044j:plain

それにしても、お久しぶりのブラックココア登場!

買ったはいいけど、出番が無くて困ってました。

前回は粉の5%置き換えにしてたんですが、今回は3%で作ってみました。

色が薄くなり、普通のココア生地に見えなくもないです。やっぱり5%が理想的だったかも…?


 

パッションクリームを冷蔵庫で冷やし固めたら、仕上げ。

タルトオシトロンといえば、イタリアンメレンゲの出番でしょ!これぞ、王道の組み合わせです(*´ω`*)

 

立てたメレンゲを絞っていきます。

スタイリッシュを目指したけど、バランス悪くなってしまいました。気にしない、気にしない!

f:id:nonka333:20180619233741j:plain

 

あとは、

オーブントースターで焦げ目をつけていきます!

f:id:nonka333:20180619233354j:plain

 

ちょっと焦がしすぎた感じはありますが、

試作第1号、これで完成!

f:id:nonka333:20180619233456j:plain

さて、試食!

気になるお味は…

 

 

味…は…( ´-`)

 

あー、うん。

 

えーっとですね、

メレンゲが致命的に合わない。。。

自作菓子って過大評価しがちなんですが、これはなぁ。

 

パッションフルーツ、酸味はあるんですが、レモンよりまろやかな酸味といいますか、本家タルトオシトロンほどの、甘いメレンゲとのメリハリが無いんです。引き締めが足りなくて、味がぼやける。

 

完全に、組み合わせ間違えた

(´・ω・`)

君(パッションクリーム)にはもっと、最適な相手がいるはず…!

 

なんだろーか、これはメレンゲじゃなくて、シンプルに生クリーム載せたほうが合う気がする!変にメリハリ出すんじゃなくて、一体感を楽しもう。

 

ということで、

次回の改良点!

パッションクリームは、レモン果汁も追加して今より食べやすい味にして、食感はもうちょっと固めに変える。そして、上は生クリームで仕上げ!!

 

これなら美味しいタルトになれそうです!

酸味の系統が似てるし、リキュールはオレンジ系も合うかな、と思います。どうでしょ。

 

 

冷凍ピューレ、残り220g!

まだまだありますよー。

次回リベンジいたします( *´艸`)