休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

『桃とカシスのタルト』ちょっと皿盛りデザート風。

こんにちは!nonkaです。

 

今回は、桃のタルトを作ってみました。

こちらが、タルトの主役…!

f:id:nonka333:20180726201129j:plain

スーパーで買った、福島県産の白桃です!

固めの果肉でしまってます。ただ、ちょっとタルトに乗せるのには固すぎるので、桃のコンポートにしてみます。

 

コンポートは、果物のシロップ煮のこと。ジャムより糖度が低く、果物の形を残したまま煮詰めるのが一般的みたいですよ。果肉を柔らかくするだけではなく、甘みが足りない果物の、糖度を補うためにも使えます!

 

それでは、桃のコンポート。

まずは桃を湯むきして…

f:id:nonka333:20180726202657j:plain

皮が綺麗に取れたら、半割にして、

水300g、砂糖60g、レモン果汁少量。

このシロップの中へ!

f:id:nonka333:20180726203032j:plain

この前テレビで見た方法なんですけど、湯むきした「桃の皮」も一緒に煮詰めると、皮がもつ色と、甘い香りを果肉へ移すことができるそうです!今まで皮は捨ててたので、目からうろこな情報。もったいないことしてた…。

f:id:nonka333:20180726203424j:plain

後はクッキングペーパーで落し蓋をして、じっくり火を通すために弱火でぐつぐつ。串が軽く通るくらいまで煮たら、火を止めてそのままの状態で冷まします。

 

タルトの土台は、やや手抜きです。冷凍庫の余り物たち。

ずいぶん前に作っておいた、ブラックココア入りのタルト土台です。なかにアーモンドクリームを焼きこんであるので、その上にカシスのコンフィチュールを塗り広げてみました。

f:id:nonka333:20180726203607j:plain

お次に、これまた余り物のレアチーズムース。ここまで来ると手抜きどころの騒ぎじゃないですね(;・∀・)ただの、冷凍庫のストック処分祭りです…。

f:id:nonka333:20180726204150j:plain

 

あとは仕上げに、桃のコンポートを載せて、ナパージュでツヤツヤにコーティングします。

フチには、砕いたクレープ生地。飾りはセルフィーユの葉です!

f:id:nonka333:20180726204734j:plain

これで完成なわけですが、せっかくなのでこの前買った本を参考に、皿盛り風に仕上げてみます!

フルーツ・デザートの発想と組み立て: 旬の果物を使いこなす。フレッシュから煮る・焼く・揚げるまで

使うのは、タルトの中にも入れた、カシスのコンフィチュール。これを少量お皿に広げて、スプーンの背で線をグルグル。

 

f:id:nonka333:20180726205456j:plain

…こんな感じ?

加減が分からないんですが(; ・`д・´)

ちょっと調子に乗ってやり過ぎた感ありますけど、とりあえず今回はこれで良しとしましょう!真ん中にタルトを載せて仕上げます。

完成!

f:id:nonka333:20180726210212j:plain

(。・ω・。)!!

いっきにレストランっぽい雰囲気に!割と良いのでは?

ケーキの美味しさも、気分的に3割増しです!