休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

夏のパウンドケーキ

こんにちは!nonkaです。

今回は、「ケイク・デジル」を作ってみました!

f:id:nonka333:20180820210118j:plain

パッションフルーツココナッツを使った、夏にぴったりなトロピカルなパウンドケーキです(●´ω`●)

レシピ元はこちら↓ ↓

www.lfj.co.jp

フルーツピューレの大手、ラ・フルティエールの公式ページに掲載されているレシピを使ってみました。

 

今回使ったのは、パティスリー・ジュンウジタのオーナーシェフ、宇治田シェフ考案のもの。

「ケイク・デジル」、でじ…る…?初めて聞く単語だったので調べてみたんですが、つづりは、Cakes des îles

フランス語は、よく分からないんですけど、「デ=des」は前置詞的なやつなので、あとの単語「 イル=îles」とつながって、デジルって読んでるみたいです。

「 イル=îles」は日本語に訳すと、島々

つまりは…なんかこう、南国のアイランドみたいな?トロピカルなイメージなんじゃないでしょうか。…てきとーな翻訳ですみません。

 

トロピカル感を出す、一番の決め手は、ココナッツファイン(ココナッツを乾燥させて、粗目の粉末にしたもの)と、パッションフルーツピューレ

これを合わせて、一晩じっくり染み込ませます…!

f:id:nonka333:20180820212327j:plain

 パウンドケーキですが、薄力粉の量は少なめ。

卵+砂糖+バターを混ぜた、緩めな生地でつなげて焼き上げる感じです。

 

バターは焦がしバターを使います。なので、出来上がりの生地はパウンドケーキというよりは、フィナンシェっぽいみため。流動性のあるどろどろ感。

f:id:nonka333:20180820214158j:plain

 ここに、ココナッツ&パッションをたっぷりと投入!

f:id:nonka333:20180820214523j:plain

あとは、混ぜ合わせて、パウンド型の8分目まで流し込んで、焼成

私のつかってるミニパウンド型だと、分量の3分の2で作ってちょうどでした。

 

焼成時間は、元レシピがスリムパウンド型(横幅が狭いタイプ)を使ってるので、普通のパウンド型で試すならば170℃50分くらいを目安にみて良さそうです。

f:id:nonka333:20180820220000j:plain

完成…♡

こっちは、1回目。分量の2分の1で作ったほう。やや背が低めです。

味はバッチリで、ココナッツファインのほどけるような食感のおかげで、全然重くない!それでいて、ほどよい酸味とトロピカルな香りが立ってるものだから、パクパク食べれちゃいます。やっぱりプロのレシピは違うなぁと痛感しました。

f:id:nonka333:20180820220157j:plain

上の写真のものは、後日焼き上げた2本目の方です。

型サイズぴったり!

包装して、明日の手土産にします( *´艸`)

f:id:nonka333:20180820215552j:plain

材料&工程が少なめなので、ちょっと入手面倒ですが、パッションフルーツピューレと、ココナッツファインさえ手に入れば簡単に作れちゃいます。

ぜひお試しあれ(`・ω・´)ゞ