休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

【ラ・ローズ・ジャポネ】スペシャリテ「ピクシー」他いろいろ!

こんにちは!nonkaです。

今回は、ケーキ紹介!

先日、製菓学校時代の友達2人と遊びまして、「ケーキ食べ会」(ケーキのパーツをバラしながら何を使ってるか考察する、周りから見たらやばい集まり…)をしてきました 笑

ケーキ好きどうし、色々な感想が飛びあったり、メンバーに現役のパティシエさんもいたり、なかなかに濃い食べ歩きになりましたよ(*´ω`*)

果たして、記事にまとめきれるのか。nonkaの文章力()にかかっている…。

 

ではでは、ケーキ4品。紹介していきたいと思います!

f:id:nonka333:20180929213603j:plain

まずは、パティスリーの紹介です。

今回、訪れたのは東京・亀有

「La Rose des Japonais」

(ラ・ローズ・ジャポネ)

f:id:nonka333:20180929215144j:plain

オーナーパティシエの五十嵐宏シェフは、2010年のワールド・ペストリーチーム・チャンピオンシップで、日本人初の優勝を果たした、世界レベルの実力者。今回は、その際の優勝作品も味わって参りました!

 

JR亀有駅南口より、およそ徒歩5分。

外観は、ガラス張りの大きなショーウィンドウと、スタイリッシュに木を使った、オシャレなたたずまい。

…そして、店舗のすぐ隣には、、

真っ赤な鳥居!?

なんとコチラのパティスリー、神社の敷地内にあるんです!

事前に知らなかったものですから、現地にいってビックリ。非常にありがたみのあるケーキ屋さんですね。帰りに参拝もできちゃいます。

 

店内は、厨房を見渡せる大きな窓があり、パティシエの方々の仕事を見学することができます。カフェスペースも広く、ケーキを楽しむたくさんのお客さんで賑わっていました。ほぼ満席状態でしたが、外のテラス席なら空いている、とのことで、そちらで食べることに。

テラス席に座っていると、お隣の香取神社から笛の音が…!雅楽と言うんでしょうか、ああいうの。本当に神社の中にあるんだなぁと、再認識です。

みやびなBGMに包まれつつ、ケーキを食べていきます。

 

まず、一品目。

ピクシー

f:id:nonka333:20180929223123j:plain

こちらが、2010年 世界大会優勝作品の一つ。

ピスタチオ&苺のムースです。

f:id:nonka333:20180929224008j:plain

構成は、上からピスタチオムース、イチゴジュレ、イチゴムース、ビスキュイ生地、といったところ。

ピスタチオと苺のマリアージュそれぞれの香りが引き立っていて、美味しいです。

ムース自体は甘めなんですが、イチゴの強めの酸味が、単調にならず、味を引き締めてくれています。非常にバランスがイイ。

そして、上の飾りとして乗っている、ピスタチオのピューレ。これが良い仕事をしてる。これだけ強めに洋酒が効いていて、少量ながらアクセントになってます。ムースと共に食べると、ぐっとピスタチオの香りが引き立って、また違う表情を見せてくれるんです!アルコールで作る、パーツの存在感。勉強になります…(*´▽`*)

 

ベガ

f:id:nonka333:20180929225522j:plain

今度は、桃×ラズベリーのムースです。

夏季限定。

構成は、上から桃ジュレ、桃ムース、ラズベリームース、ラズベリージュレ?、ジェノワ。

これ、ジュレ部分の濃さがすごい…!

一瞬、桃のコンポートを食べたのかと錯覚するような、ジューシーな口当たり&香りで、そのままムースと共に溶けて消えていきます。

後から来る、ラズベリーの酸味が、桃の香りの余韻と合わさって、口の中が幸せになる。これ好き。このラズベリーの部分にも、洋酒が使われているようで、味にキレがあって良いです。

2品食べて思ったんですが、このパティスリー、アルコール使いが効果的で、秀逸ですね!計算されたケーキ構成がカッコいいです。

  

アンジェロ

f:id:nonka333:20180929235444j:plain

構成は、チョコムース、ダコワーズ、コーヒーのクレームブリュレ

ビター感のある王道のチョコムース。濃厚ですが、センターのコーヒー味のブリュレが全体を重くさせず、いい一体感を出してくれています。

上の飾りは、フィヤンティーヌ&ジャンドゥージャのクランチ。ザクザク食感で、華がありますね。

 

セレスト

f:id:nonka333:20180929232233j:plain

こちらもチョコ。

構成はミルクチョコ、ショコラシャンティ?、ガナッシュ、ジャンドゥーヤ、ヘーゼルナッツのダコワーズ生地。

なんとなく、板チョコの見た目で、パリセヴェイユ(自由が丘)の「ムッシュルノー」を連想しました。あちらは、ショコラ&オレンジですが、こちらはヘーゼルナッツをメインにした、チョコレートケーキ。

まず、板チョコなんですが、この時点で超美味しい。いいチョコつかってるな…と確信します。パリッと食感の板チョコがアクセント。そして、ナッツのザクザク感、中間層のしっとりしたダコワーズそれぞれの食感がヘーゼルナッツの魅力を引き出してくれてます!

 

これで、4品!やはり、スペシャリテのピクシーは、さすがの完成度でした。世界優勝は伊達じゃありませんね~!

 

ちょうど雨が降ってきてしまったので、今回は、残念ながら参拝できませんでしたが、同じ敷地内にある、「香取神社」も必見。足腰健康のご利益から、美脚祈願に、よくモデルさんが訪れるそうですよ!

ラ・ローズ・ジャポネに思った訪れたら、ぜひ、神社の方にも寄り道してみてください。美味しいケーキと同時に、モデルさんのような、美脚までもが手に入るかもしれません…

 

以上!ケーキレビューでした(`・ω・´)ゞ