休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

アイルランドの思い出『アイリッシュブレッド』

こんにちは!nonkaです。

今回は、めずらしくお菓子ではなく、パンを焼いてみました。

f:id:nonka333:20190212233200j:plain

アイリッシュブレッド」というパン。

私にとっては、思い出のパンです。

発祥は、イギリスの隣にあるアイルランドという、ヨーロッパの島国。

 

実はわたし、数年前なんですが、この、アイルランドという国に行ったことがあるんです…!

人生初の海外旅行。

フランスでも、イギリスでも、ドイツでもなく、アイルランド

…まさかのアイルランド

 

この旅行の発案は、私の10歳年上の姉なんですが、彼女はなかなかの変わり者。

昔から、アイルランドが好きなんですよ。よくいる、オタク女子とか、歴女とか、そういう次元ではなく。

国柄とか、国民性とか、歴史とか。そういう所に魅力を感じているそうで。

もう、この人の前世、アイルランド人なのかな?とうくらいに、このヨーロッパの小国を愛しているんです。…同行させる、妹たち(私を含め、3姉妹です)の旅費を負担してくれるくらいに。

 

そんな、アイルランド好きな姉のおかげで、決まった海外旅行。3姉妹だけで、マハライドという都市にある、アイルランド人女性の家にホームステイをすることに…!

f:id:nonka333:20190213003456j:plain

たった5日間ではあったんですが、私のような無知な田舎娘には、すさまじい影響をあたえました。

異国の街並みや、歴史的遺物、広大な自然、すべてが興味深いものでしたが、

私にとって最大の思い出は、やはり「食」…!

 

ホームステイ先の食事や、出かけ先のカフェでのランチ、ティータイム、レストラン…

f:id:nonka333:20190213005350j:plain

f:id:nonka333:20190213005322j:plain

なにより、ホームステイ先の奥様が、とても料理上手で!

毎日素敵な食事を用意してくれたんです。

f:id:nonka333:20190213003702j:plain

美味しいものの記憶は、何年たっても残り続けるものですね。

 

なんだか脱線しまくって、なんの話をしていたんだっけ…といった具合ですが、この旅で出会ったものの一つ、それこそが、最初にでてきた

アイリッシュブレッド」

このパン、国民食ともいえる存在のようで、本格的なレストランでも、カジュアルなカフェでも、ほんとに、どこに行ってもでてくるんですよ。

小麦の香り高く、茶色くって、モロモロ崩れて、しっとり生地が詰まってる、…なんか癖になる味わい。

 

最近になって、偶然このパンの名前を本で見かけまして、そうか、あの時のあのパンか…!と、記憶の片隅から顔を出しました。

そのことを、例のアイルランド信者の姉に話したところ、手持ちの本から、すぐさまレシピを送ってくれたんです。流石といいますか、持ってるのか。

こうなれば、作るしかないですよね…!

f:id:nonka333:20190213014157j:plain

 なんでも、このパン。クイックブレッド、なんて呼ばれるほど、作るのが簡単なんです。

アイリッシュブレッド、最大の特徴が、

パンなのに「発酵させない」こと。

 

普通、パンって、イーストを入れて、時間をかけて発酵させて膨らますのですが…このパンは、イーストをそもそも使わないそうなんです。

代わりに入れるのが、ベーキングパウダー!発酵させないので時間もかからず、まぜてそのまま焼き上げるだけ。

f:id:nonka333:20190213015213j:plain

たった一つのボウルの中で混ぜ合わせ、家にある パウンドケーキの型で焼き上げてみました。

f:id:nonka333:20190213015436j:plain

こんがり焦げ目をつけて、表面はカリっとしたクラスト。中はしっとりキメの詰まったクラム。

「全粒粉」を使ってるので、小麦の香りが強く、ほんのり甘い。

これだコレ。あの時食べたアイリッシュブレッド!

f:id:nonka333:20190213015759j:plain

マグカップに、紅茶をたっぷりとそそいで!(ここポイント)

記憶に残ってる食卓の再現をしてみました。ちょっと思い出に浸りつつ、ゆったり休日のひとりランチ