休日キャラメリゼ

ケーキ屋さん販売員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

最近のスコーン事情

久しぶりにスコーンについてです。

f:id:nonka333:20190905190143j:image

最近は、ぜんぜん騒いでないですが、飽きたわけじゃないですよ!今も暇あれば作ってるかんじです。

なんといっても、バターと粉を擦り合わせるサブラージュが大好き。フードプロセッサーがあれば、即おわる作業ではあるんですが、そこを手作業でスリスリすることこそ、楽しいわけで。

無心で作業できる、私にとって癒しの時間ですね。

 

趣味のスコーン研究ですが、最近は、レシピ本や製菓雑誌などに載ってる、プロの作ったレシピを中心に考察中です!

やはり本によって配合も、作り方もバラバラで、なんとも奥深い世界。実際つくってみると、だからこういう配合なのか!と、納得がいったり、自己流だけじゃ分からない気づきがあります。

 

スコーンをレシピの水分量で分類わけとか、油脂の量による食感の違いとか、ブログにまとめたいスコーン研究いろいろあるんですが、なかなか手につかない。イイまとめ方がひらめいたら、いつか書いてみたいところです。

 

…と、まあ、なんとも中身の無い、情報の薄い話になってしまったので、最後まで読んでくれた方のために、この1年くらいで食べた中で一番美味しかったスコーンたちを紹介しておきます。nonkaのおすすめ!

 

まず、ふんわり部門ヾ(。・ω・。)ノ

f:id:nonka333:20190905192545j:image

パティスリー「オークウッド」の、クランベリースコーン。これは、旭屋出版の「有名パティスリーの焼き菓子」というレシピ本から。

ベーキングパウダーの配合がおおいのに、全然いやな味がしない。魔法かな?という神レシピでした。ベーキングパウダーの恩恵の部分だけを得ていて、ふんわりしっとり食感。

いつか本家も食べにいきたい、魅惑のスコーンです。

 

つぎにサクサク部門。

f:id:nonka333:20190905194033j:image

これは、店舗で買ってきました。吉祥寺の「A.Kラボ」のスコーン。

これ!本当に美味しい。駅から遠いですが、吉祥寺駅から最寄りまで、バスでてますので。都内にお住みの方は行きましょう!

で、味です。このスコーンはなんだろ、他とジャンルが違うかもしれない。表面のサクサクな外生地は、まるでクッキーのような濃厚さで、中生地は歯切れの良いほどける食感。革命的な美味しさでした。

これには勝てない…。

f:id:nonka333:20190905195235j:image

なんとなく、自作レシピを寄せて、真似して作ってみたんですが、あの美味しさには程遠い。水分量は似てる気がしますが、あっちのほうが圧倒的に濃厚でしたね。もっともっと、卵黄とバターが多いんだろうな。

いつか、再現を。お家であのスコーンを…!なんて、野望をいだいてます。

 

以上。いきなり始まり、いきなり終わる、おすすめスコーンのコーナーでした!

A.Kラボのレシピ本、出てないですよね…?たぶん。どこかの雑誌のコラムでもいいので、ご存知の方いれば、ぜひぜひ、コメント欄にお願いいたします…!