休日キャラメリゼ

カフェ店員「nonka」のお菓子ブログ。スイーツ食べたり作ったり。

ファーブルトンを研究してた

去年の夏頃、ファーブルトンにハマって作りまくってました。

f:id:nonka333:20200809172549j:image

きっかけはたしか、某有名店のレシピを試してみて、なんだか理想と違って。あれ、あれ?こんなもんだっけ?と…。

そこから配合変えて作り続けたかんじです。

ファーブルトンって、厚焼きにしたクレープみたいな感じなんですけど、その有名店のレシピは、スフレみたいな、すっと溶ける軽い食感のタイプだったんですよね。

 

私はどっしり、しっとり?生地に厚みがあるほうが好きです。

理想は、いつか食べたAKラボのファーブルトン。あれが本当に美味しくて、忘れられないんです!

f:id:nonka333:20200809172751j:image

中がギュッと詰まってて、しっとり。

ラム酒とバニラの香りが濃厚。

じゅわっと肉厚なプルーン…!

いままで食べた中で、1番好きです♡

 

違うレシピを使ってみても、何かが違う…

f:id:nonka333:20200809173618j:image

シュワっとしてる。

もしや卵白が多いのでは?とか。

f:id:nonka333:20200809174445j:image

粉量も足りないなーとか。

うだうだ作り続けた結果、

 

最終的にコレになりました。

f:id:nonka333:20200809171830j:image

水分量:粉量が5:1がベストかな。

もっちりフワフワちゃんの完成です。

全卵つかってるレシピが多いんですけど、卵白が多いほど、薄い型で焼き上げるのが大変で、かなり卵黄多めで落ち着きました。浅いマフィン型で作ってるので、ちょっと膨らむだけで型から脱走するんですよ。そいつを押さえつけつつ、無理やり焼いてます。

 

とりあえず満足したので、研究はここで止まってたりします。

その後も同じ配合でチョコ味とか、秋にはりんごキャラメリゼ入りとか作って遊んでました。

 

ファーブルトンのはずなのに、もはやプルーンすら入れてません。はたして、これはファーブルトンと呼ぶべきなのか。

まあ、他に適切な呼び方が思いつかないし、別にいいや。美味しければ問題ないのです。